子供 歯磨きの仕方


子供の歯磨きの仕方は、いつかのポイント押さえると私でも上手に仕上げ磨きが出来そうです!虫歯ができやすいポイントは、限られていて、そこを重点的にやること。虫歯ができやすいポイントは、上の前歯、奥歯と奥から二番目の歯です。このあたりの歯は特に重点的に磨くようにと、どのサイトでも書かれてますね。


あと、子供によって歯磨きの癖があるので(どこが上手に磨けてないのか?)、子供が自分で上手に磨けてないところを、仕上げ磨きで補ってあげるように磨いてあげたらよいそうです。うちは、なぜか下の前歯と歯茎の間が上手に磨けてないですね。見えるところなのに、歯の生え方なんでしょうか?スリーティースということもあるのかな?(犬歯と犬歯の間に従来4本あるのに、3本しか歯がないタイプ)


仕上げ磨きは、いつもでやるのかな?と思っていたのですが、歯医者さんのお勧めは小学校になっても高学年に入るまでは見た方が良いということでした。乳歯が永久歯に生え変わる段階で、うまく磨けないポイントが変わってくるので、しっかり見え上げた方がよいそうです。今までと歯の並びが違うので、いつも通り磨いていると、うまくハブラシが当たってない歯が出てくるというわけですね。それを、仕上げ磨きで親がチェックして本人に伝えてあげると、本人の歯磨きで歯垢を落とす確率も上手になってきますね。


うちは、youtoubeで歯磨きの楽しい動画を見せながら、仕上げ磨きをやってます。こういうときに昔の子育ては本当に大変んだったろうなと思います。子供が歯磨き嫌がったときはどうやってたんだろう。。。youtubeでとっても楽をさせてもらって、本当にありがたいです。






この記事へのコメント