子供 歯磨き粉 フッ素

子供歯磨き粉を調べていたら、「フッ素」についての記事をたくさんみかけます。ガムなどにも入っているフッ素。聞いたことはあったけど、どういうものがよくわかっていないので調べてみると、歯自体を強くしてくれる、それから虫歯菌や歯垢からの酸にも効果がある。そのことから、虫歯に強い歯を作ってくれる成分がフッ素です。 フッ素は効果がない?という意見もありましたが、歯医者さんのホームページをいくつか読んでみても、フッ素は虫歯予防にいいことづくめという印象です。 フッ素の効果 ①フッ素は酸に強い歯をつくり、それにより虫歯になりにくい ②酸ができることを抑制したり、抗菌作用 フッ素だけでは完全に虫歯予防ができないという記事も興味深かったです。フッ素は虫歯予防によい成分ということはわかったのですが、それが口内という環境でまるまる効果を発揮しないという話です。唾液などで濃度が薄まるので、フッ素の力が弱まってしまうようですね。 個人的に一番良い情報だと思ったのは、フッ素が口内で高い濃度で残っているほうが虫歯予防になるから、フッ素入りの歯磨き粉よりも、フッ素洗口を毎日、就寝前、歯を磨いたあとにうがいで利用することが一番フッ素の効能を発揮できる、という記事です。 これから、子供用のフッ素洗口をネットサーフィンしてみます。子供が好きそうな味で、刺激がないようなものがあるとよいのですが。

続きを読む

子供 歯みがき粉 おすすめ

子供の歯磨き粉もたくさんの種類があって どれが良いのか、迷ってしまします。 さっきネットで見つけたのは、まだうがいが上手にできない子供に おすすめの歯磨き粉でした。 先ほど見つけたのは天然素材(食物や乳酸菌)の歯磨き粉で、 うがいしなくてつばを出すだけで良いみたい。 うがいがまだできない子供に、うがいさせようとして 上手にできなくて洋服を濡らしてしまうなんてこともあります。 やっと子供を寝かしつけようとするときになって、また着替えさせるとなると 本当に体力と気力が奪われます(^^; 上手にうがいが出来ないと、歯磨き粉を飲み込む可能性も。 歯磨き粉の裏を見るとケミカルな成分名が並ぶので できるだけ歯みがき粉は、子供の体内に入れない方がいいのかなと うがいの練習は別でするとしても、 歯磨きは虫歯予防に必要なので、小さいうちからやらせたい。 飲んでしまっても安心成分はハミガキ粉なら、 うがいできない子、小さい子でも使い始められて 早いうちから歯磨き習慣がつくのかなと思いました

続きを読む

子供 歯磨き 嫌がる

子供が歯磨き嫌がるときに どういう事を、ママパパはやっているのか。 ネットで調べてきた限りをまとめます。 いやいや期だと、押さえつけて歯磨きしても嫌がるという話も。。。 歯磨きタイムが、子育ての中で辛かったことベスト3に入ると書いてるママのブログ話をみて 自分も覚悟決めて、気長に根負けしないようやらなきゃと思いましたね。 少しでもスムーズに歯磨きを始めるために ・機嫌のよい時を見計らってやる ・眠たくなる前に ・何か子供が好きなこととセットで取り組む ・お母さんと一緒にやる(お互い歯磨きをしてあげるのもよいみたい) ・シールでやる気維持(ラジオ体操のようにやった日にシール貼る) 口に物が入るのが気持ち悪い子も。 ・初めての歯磨きで歯肉に当たって痛かったから ・口にハブラシが入れると気持ち悪い(慣れてない) ・喉の奥にハブラシが入って、気持ち悪かった 歯磨きを習慣化するために ・とにかく、少しずつ。痛みなく。続ける ・口の中にものが入ることに慣れさせる ・歯磨きの手の動きの前に、歯磨きの姿勢から慣れさせる ・痛くないように、柔らかいものを口にいれて練習してからが良い? ・歯磨きを絵本や遊びの中にいれて、慣れさせる ・絵本やまねっこ遊びなど、子供が好きなことで取り入れる ・ハブラシ、歯磨き粉などすべてアンパンマンでそろえる(笑) お母さんと一緒の歯磨きの動画がすごい! この動画を見て、口にばい菌がいるから歯磨きをすると自…

続きを読む